staff blog

2015年2月

deco6周年

decoは6周年を迎えました。
 
僕がdecoのシェフになった5年前 厨房は僕一人で もちろん僕には地位名声があるわけもなく
 
お客様は3日間誰も来ない日もありました。食材も賄いで食べる毎日。
 
帰りにいつもセンター街のスタバの前で こんなに人はいるのにどうやったらお客様が来てくれるか悩
 
やみ考えてました。
 
 
今では沢山のお客様に応援して頂き 誇れるスタッフも10人もいます。僕のわがままに答えてくれる生
 
産者さんと業者さんがいます。
 
decoに携わって頂いている皆様に感謝しています。
 
初心を忘れず日々成長していきたいです。
 
decoシェフ室田

Bernard & Dominique Doublet

グラスに注ぐと杉の木のように穏やかに香る。口に含むとその静かな果実味と、ホッとするようなまろやかさに魅了される。

2011 Chateau Tour de Calens 《シャトー・トゥール・ド・カラン》

ボルドー、グラーヴのワイン。このワインで印象的なのはやはり香りだ。

冒頭のように注いでから余韻に至るまでの様々な香りが楽しい。樽の香りは勿論、熟した黒いフルーツの数々、コーヒーやカカオのような香ばしさが後に長く残ってくれる。味わいにも程よいボリューム感があり、パテなど練り物のお肉前菜、それからローストしたお肉と赤ワインソースとのマリアージュは食欲をさらにそそる。

春の匂いがしてくるのはもう少し先でしょうか?先取りして、優しく包み込んでくれるようなワインはいかがでしょうか?

カベルネ・ソーヴィニヨン62% メルロ30% カベルネ・フラン8%

image1.JPG

それからバレンタインデーにお客様より春のお花を頂きました!待ち遠しいですね本当に。

image1.JPG

Domaine Philippe Delesvaux

image4.JPG

 

Coteaux du Layon 〜コトー デュ レイヨン〜

ロワールの地で生み出されるワイン。それはとても魅惑的で忘れられない。

遅摘みされたぶどうや貴腐菌が付いたぶどうは、糖度が高くなり濃縮されたものになる。そんなぶどうから作られる豊潤でアロマティックな甘口ワイン。

パイナップルやアプリコットを砂糖付けにしたような甘い香りと、生き生きとした爽やかなその飲み口は食事の最後まで楽しませてくれる。

ブルーチーズなんかどうだろう。コンポートされたフルーツもより美味しくしてくれそうだ。

食後の想像さえも膨らませてくれる黄金色のデザートワイン。楽しい時間を、幸せな時間を最後の最後まで...

Coteaux du Layon Saint Aubin Les Clos 2011

品種:シュナン・ブラン100%

前回と同じ地区、同じ品種でご紹介させて頂きました。ワインの可能性の幅広さを感じさせられます。

deco 福岡

 

野兎

青森の野兎入りました。
 
1ヶ月熟成して今年初のロワイヤル作ります。
 
早い者勝ちですよ。
 
もちろん山シギもあります。
 
王様と女王の共演なんて如何ですか!?
 
DSC07356.JPG
 
IMG山シギ
IMG_0967.jpg